更新プログラム

ProTRANS 2017

2017/02/07 ProTRANS 2017

ProTRANS 2017では、以下内容に対応しました。

  • 画像データの貼り付け変換機能を追加
    • ラスタ画像(BMP/JPG/GIF/PNG/TIF)として保存されているスキャン図面やファイリング図面を一括して各種CAD・PDF形式にして出力します(※ベクトルデータへの変換機能ではありません)。
  • PDF変換の品質向上
    • 各種CADからPDFへの変換機能を大幅に改善しました。出力されるPDFファイルは大幅にスリム化され、汎用性もアップ。さらに便利な変換オプションも多数追加して、これまで以上に様々な場面で快適にご利用いただけます。
  • JW_CAD画像変換対応フォーマットの追加
    • JW_CADへの変換において、BMP以外の画像形式も変換可能としました。新たにJPG/GIF/PNG/TIF形式にも対応し、BMP形式に変換してJW_CADファイルに同梱(または関連付け)します。
  • SXFラスタ画像への対応
    • AutoCad・JW_CAD・PDFからSXFへの変換において、ラスタ画像(BMP/JPG/GIF/PNG/TIF)の変換選択機能を追加しました。
      同時にSXFからAutoCad・JW_CAD・PDFへの変換においても画像(JPG/TIF)変換選択機能を追加しました。
  • 太さ「既定値」の線の変換
    • AutoCadからJW_CAD/SXFへの変換において、"太さが「既定値」に設定されている線の変換後の太さ"を任意で設定できるようにパラメータを追加しました。
  • その他
    • その他、変換精度の向上や諸問題についての改善をしました。

ProTRANS 2016

2016/06/13 ProTRANS 2016 Release2

ProTRANS 2016 Release2 では、以下内容に対応しました。

  • レイヤ変換への対応
    • PDFからCADへの変換において、レイヤ(OCG)情報を維持したまま変換できるように機能を追加しました
  • クリッピング領域への対応
    • PDFからCADへの変換において、クリッピング領域の外にあるデータを変換の対象外にできるよう機能を追加しました
  • 文字を図形として変換
    • PDFからCADへの変換において、文字データとして保存されているオブジェクトを図形オブジェクトとして変換できるよう機能を追加しました
  • 円/楕円への変換
    • PDFからCADへの変換において、円形の連続線データを円または楕円オブジェクトとして変換できるよう機能を追加しました
  • 変換時の色の選択
    • PDFからAutoCAD(DWG/DXF)への変換において、色情報をTrue ColorかIndex Colorのいずれかに切り替えができるようオプションを追加しました
  • "VPでフリーズ"に対応
    • AutoCADからJW_CAD・SXFへの変換において、"VPでフリーズ"をONに設定されている画層に属するオブジェクトを変換の対象外にできるよう機能を追加しました
  • TTF文字を図形として変換
    • 各種CADからPDFへの変換において、TrueTypeフォントで入力された文字データを図形として変換できるよう機能を追加しました
  • その他
    • その他、変換精度の向上や諸問題についての改善をしました。

※お使いの製品を、よくお確かめください。

CD版・ダウンロード版 リビジョンアッププログラムのダウンロードはこちらから

USB版 リビジョンアッププログラムのダウンロードはこちらから


2016/02/12 ProTRANS 2016

ProTRANS 2016では、以下内容に対応しました。

  • PDFからCADへの変換機能を追加
    • PDFファイルをAutoCAD(DWG/DXF)、Jw_cad(JWW/JWC)、SXF(SFC/P21)各形式のCAD図面に変換。
      簡単な操作で、PDFファイルをCAD図面に変換します。
      変換後は各種CADの対応ソフトで編集することが可能です。
  • その他
    • その他、変換精度の向上や諸問題についての改善をしました。

ProTRANS 2015

2015/01/21 ProTRANS 2015

ProTRANS 2015では、以下内容に対応しました。

  • PDF変換機能の搭載
    • AutoCAD(DWG/DXF)、Jw_cad(JWW/JWC)、SXF(SFC/P21)各形式のCADデータを、PDFへ一括変換。
      図面のレイヤ情報をそのまま維持出力可能。変換後のPDFファイルは、PDFビューワなどでレイヤのON/OFFを制御することができます。
  • 変換精度の向上
    • AutoCAD(DWG/DXF)ブロック図形の押し出し方向演算精度向上など、より一層の変換品質を提供します。

※お使いの製品バージョンを、よくお確かめください。

インストール手順

1. 以下のダウンロードボタンより、プログラムをダウンロードします。

2. ダウンロードしたプログラムを実行します。

3. インストーラが起動しますので、画面の指示にしたがってインストールを行ってください。


ProTRANS 2014

2014/06/18 ProTRANS 2014 Release2

ProTRANS 2014 Release2 では、以下内容に対応しました。

  • AutoCADデータ内に誤った時刻情報が登録されている場合の問題
    • AutoCADデータ(DWG/DXF)の他データへの変換について、作成や更新などの日時情報不正な値をもつデータにおいて変換に失敗する場合がある問題へ対応しました。
  • JW_CAD旧形式データ変換における問題
    • JW_CADの旧(Ver4.2以前)形式データへの変換について、変換後のデータがJW_CADで開けなくなる場合がある問題へ対応しました。
  • ブロックを含むAutoCADデータ変換における問題
    • AutoCADデータ(DWG/DXF)の他データへの変換について、特殊な条件下にあるブロックを含むデータにおいて変換に失敗する場合がある問題へ対応しました。
  • 特殊なレイヤ名を含むAutoCADデータ変換における問題
    • AutoCADデータ(DWG/DXF)の他データへの変換について、特殊な条件下にあるレイヤ名を含むデータにおいて変換に失敗する場合がある問題へ対応しました。
  • 特殊な円弧/楕円来を含むSXFデータ変換における問題
    • SXFデータへの変換について、特殊な条件下にある円弧/楕円弧を含むデータにおいて変換に失敗する場合がある問題へ対応しました。
  • 砂などの点状のハッチングを含むAutoCADデータの変換における問題
    • AutoCADデータ(DWG/DXF)の他データへの変換について、砂などの点形状のハッチングを含むデータ変換に失敗する場合がある問題へ対応しました。

※お使いの製品を、よくお確かめください。

CD版・ダウンロード版 リビジョンアッププログラムのダウンロードはこちらから

USB版 リビジョンアッププログラムのダウンロードはこちらから


2014/01/24 ProTRANS 2014

ProTRANS 2014 では、以下内容に対応しました。

  • 対応フォーマット
    • AutoCAD 2013形式(AutoCAD 2013/2014)、JW_CAD Ver7.11、SXF Ver3.1 レベル2と、それぞれの最新ファイルバージョンに対応いたします ※2014/01/24現在
  • 文字変換精度の向上
    • 文字データの変換において、各CADにおける特殊な表現や大きさの調整など変換精度の向上を実現しました
  • SXF形式新要素への対応
    • クロソイド曲線や弧長寸法線など、SXF Ver3以降で追加された新しいデータ形式への相互変換を追加しました
  • 尺度自動計算
    • AutoCADデータの変換において、尺度を自動計算する際の演算誤差における諸問題について改善をしました
  • マルチ引出線
    • AutoCADデータの変換において、マルチ引出線要素の変換における諸問題について改善をしました
  • ハッチング
    • AutoCADデータの変換において、古い形式のハッチングデータの変換における諸問題について改善をしました
  • Unicode文字
    • AutoCADデータの変換において、文字のUnicode表現に伴う変換における諸問題について改善をしました
  • レイヤ変換テーブル
    • SXF→JW_CAD変換において、レイヤ変換テーブル設定機能における諸問題について改善をしました
  • その他
    • その他、変換精度の向上や諸問題についての改善をしました

ProTRANS 2010

2010/10/4 ProTRANS 2010

ProTRANS 2010 では、以下内容に対応しました。

  • 対応フォーマット
    • AutoCAD 2010、JW_CAD Ver7.03に対応いたします
  • 画像データ変換機能の追加
    • AutoCAD⇔JW_CADの変換設定より、ビットマップ(bmp)画像の変換選択機能を追加しました
  • 塗潰しハッチング機能向上
    • AutoCAD⇒JW_CAD・SXFの変換に於いて、AutoCADデータの塗潰図形をハッチングする時間が大幅に縮小しました
  • ポリラインの円が変換後大きくなる
    • AutoCAD→JW_CAD・SXFに変換する際、ふくらみ部分の直径とポリライン幅を比較し、大きくならないように障害修正しました
  • 補助線の変換選択機能の追加
    • JW_CAD⇒AutpCAD・SXFの変換設定に於いて、補助線の変換選択機能を追加しました

※お使いの製品バージョンを、よくお確かめください。

インストール手順

1. 以下のダウンロードボタンより、プログラムをダウンロードします。

2. ダウンロードしたプログラムを実行します。

3. インストーラが起動しますので、画面の指示にしたがってインストールを行ってください。

※ProTRANS 2010 の対応OSは以下の通りです。
 ・Windows XP (32bit) ・Windows Vista (32bit) ・Windows 7 (32bit)


ProTRANS 2008

2010/3/15 ProTRANS 2008 Release3

ProTRANS 2008 Release3 では、以下内容に対応しました。

  • SXFデータ内に角度寸法がある場合のSXF→AutoCADへの変換について
    • SXF→AutoCADに変換する際、SXFデータ内に角度寸法がある場合は変換に失敗してしまう障害を修正致しました
  • 問題のあるJWWファイルの読み込みにおける処理について
    • 問題のあるJWWファイルを読みんだ場合に、エラーメッセージを表示後、画面制御が戻って来なくなる障害を修正致しました
  • 属性定義の変換について
    • AutoCAD→JW_CAD・SXFに変換する際、ブロックではなくシートに直接配置されている属性定義が変換後消えてしまう障害を修正致しました
  • 閉じた2Dポリラインの変換について
    • AutoCAD→JW_CADに変換する際、閉じた2Dポリラインが変換後開いてしまう障害を修正致しました
  • 変換後の線幅が線色によっては太くなる
    • AutoCAD・SXF→JW_CADに変換する際、画面及びプリンタ出力共に、すべての色番号に対するデフォルトの線幅を1にするようにしました

※お使いの製品バージョンを、よくお確かめください。

ProTRANS 2004に対してProTRANS 2008リビジョンアップを行った場合など、 バージョンの異なるプログラムを混在させた動作の保障などはできません。必ず、同じバージョンのプログラムをダウンロードしてください。

インストール手順

1. 以下のダウンロードボタンより、リビジョンアッププログラムをダウンロードします。

2. ダウンロードしたプログラムを実行します。

3. インストーラが起動し、既存のProTRANSと同じフォルダにインストールされます。

※デスクトップショートカットのプロパティより、既存のProTRANSフォルダがわかります。

※ProTRANS 2008 の対応OSは以下の通りです。
 ・Windows XP (32bit) ・Windows Vista (32bit)

2010/3/15 ProTRANS 2008 USB版 Release3

USB版 インストール手順

1. 以下のダウンロードボタンより、リビジョンアップ圧縮ファイルをダウンロードします。

2. ダウンロードした圧縮ファイルを実行し解凍します。

3. ProTRANS 2008 USBを接続します。(2)で解凍した[ProTRANS]のフォルダを切り取り(T)、マイコンピュータの[REMOVABLE] へフォルダごと貼り付け(P)て上書きします。

※ハードウェアの仕様により、2009年9月以前に製造したUSBは、Windows7には対応できません。Release3のリビジョンアップは可能で御座いますので、ご利用下さい。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいますようお願い致します。

2009/3/2 ProTRANS 2008 Release2

ProTRANS 2008 Release2 では、以下内容に対応しました。

  • ペーパ空間用紙サイズ設定について
    • AutoCAD→JW_CADに変換する際、ペーパ空間の用紙サイズを選択できるようになりました。しかし尺度は1/1に固定されます。
  • JWWのレイヤ名に不正文字がある場合の変換失敗について
    • 変換ができるように修正致しました。
  • ペーパ空間の複数ビューポートに挿入尺度の異なるブロックが存在する場合、ブロックの大きさが不正に変換される状態について
    • AutoCAD→JW_CADに変換する際、ペーパ空間の複数ビューポートに挿入尺度の異なるブロックが存在する場合、JW_CADに変換するとブロックの大きさがAutoCADと異なる大きさで変換される不具合について修正致しました。
  • 表示が円である円弧をAutoCADに変換すると円弧が点に変換される状態について
    • 円弧ではなく円として変換するように修正致しました。
  • AutoCAD→JW_CAD,SXFの変換後にファイルサイズが重くなる状態について
    • AutoCADのスプラインを直線による10分割にて変換していた為、変換後のJW_CAD,SXFファイルサイズが重くなる状況がありました。変換設定画面にて、スプラインの分割数を入力する項目を新たに追加しました。変換の際に分割数を指定できるように致しました。
  • テキスト文字内による特殊文字について
    • AutoCAD→JW_CAD,SXFに変換する際、特殊文字が大文字だと変換されない不具合を修正致しました。
  • JW_CADのブロック名について
    • JW_CADのブロック名に特殊文字が使われている場合、変換結果がおかしくなる不具合を修正致しました。
  • AutoCADに変換する際、レイヤ線幅が0.01mmになる状態について
    • JW_CAD,SXF→AutoCADに変換する際、レイヤ線幅が0.01mmになる不具合について修正致しました。
  • ビューポートの座標系が回転している場合、上手く変換されない状態について
    • AutoCAD→JW_CAD,SXFに変換する際、ビューポートの座標系が回転している場合、そのビューポート内部のブロックや外部参照が上手く変換されない不具合について修正致しました。
  • 円弧・楕円弧の変換について
    • AutoCAD→JW_CAD,SXFに変換する際、円弧と楕円弧の形状が上手く変換されない不具合について修正致しました。
  • ビューポート内のミラー設定による変換について
    • AutoCAD→JW_CAD,SXFに変換する際、ビューポート内のミラー設定されているブロック図形が変換されない不具合について修正致しました。

ProTRANS 2004

2006/7/3 ProTRANS 2004 Release3

ProTRANS 2004 Release3 では、以下内容に対応しました。

  • JW_CAD Ver5.0に対応
    • JW_CAD Ver5.0形式で作成されたデータの変換が可能となりました。
    • JW_CAD Ver5.0にて新たに追加された、SXF拡張線種を使用したデータも変換可能です。
  • その他変換精度の改善
    • その他、ProTRANS2004 Release2と比べて、変換の品質と精度が大幅に向上しております。

※お使いの製品バージョンを、よくお確かめください。

ProTRANS 2008に対してProTRANS 2004リビジョンアップを行った場合など、 バージョンの異なるプログラムを混在させた動作の保障などはできません。必ず、同じバージョンのプログラムをダウンロードしてください。

インストール手順

1. 以下のダウンロードボタンより、リビジョンアッププログラムをダウンロードします。

2. ダウンロードしたプログラムを実行します。

3. インストーラが起動しますので、既存のProTRANSと同じフォルダにインストールします。

※デスクトップショートカットのプロパティより、既存のProTRANSフォルダがわかります。

※ProTRANS 2004 の対応OSは以下の通りです。
 ・Windows XP (32bit)

Windows Vista 対応

ProTRANS 2004 では、「ソフト電池ランタイムプログラム」最新版をインストールすることにより、WindowsVistaに対応しております。
「ソフト電池ランタイムプログラム」の最新版はパルティオソフト株式会社のウェブサイトからダウンロードしてください。

ソフト電池ランタイムプログラムのダウンロード

また、Windows Vista上で「ソフト電池お預かりサービス」をご利用になる場合は、ユーザアカウント制御(UAC)を無効にする必要があります。
ご利用方法はパルティオソフト株式会社のウェブサイトをご確認ください。

Windows Vista上での「ソフト電池お預りサービス」ご利用について