充電手続き

弊社から 【ProTRANS VIEWER 利用制限解除のご案内/USTAGE】 のメールが届きましたら、ProTRANS VIEWER のソフト電池の充電操作を行ってください。メール文中の充電No.を使用します。

(メール本文より)

━━━━━━━━━━━━━━━━
■ユーザ登録情報
・充電No:……………      このNo.をコピーまたは転記して下記へお進みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. ProTRANS VIEWER をインストールします
    ProTRANS VIEWERがインストールされたパソコンで充電作業を行います。
    (先にProTRANS VIEWERのインストールをお済ませ下さい。)

  2. ソフト電池メーターを起動します
    <Windows 8の場合>
    スタート画面で右クリック→[すべてのアプリ]→[ソフト電池]→[ソフト電池メーター]
    <Windows 7以前のバージョンの場合>
    [プログラム(すべてのプログラム)]→[ソフト電池]→[ソフト電池メーター]

  3. ソフト電池残量を確認します
    ソフト電池画面より、ProTRANS VIEWER の電池残量を確認します。
    「ProTRANS VIEWER」の残量が、「○○日○時間○分」となっており、状態が「体験中」となっていれば現在体験中の状態です。
    もしくは、残量が「なし」となっていれば、体験期間が終了したという状態です。
    ※「ProTRANS VIEWER」自体が見つからない場合は、「1.ProTRANS VIEWER をインストールします」から始めてください。

  4. ソフト電池充電No.を入力します
    ソフト電池メーター画面より、「ファイル」→「購入済み番号で充電」を選択します。


    「購入済み充電番号の入力」ダイアログが表示されますので、本ページ冒頭のメールで受け取った番号を入力し「充電」ボタンを実行します。


  5. 正常に充電されたか確認します
    ソフト電池メーター画面より、「ProTRANS VIEWER」の残量が「100年電池」になっていることを確認します。


    「100年電池」になっていれば、充電作業は終了となります。

セキュリティエラーや環境エラー等で上記の充電方法で充電できないときは、下記ソフト電池ランタイムプログラムを実行したあとで、再度上記の4.より充電をお願いします。(同じパソコンであれば、充電No.は再利用できます。)